お腹ゴロゴロ音が危険サイン

お腹ゴロゴロ音が危険サイン

 

 

性別:女性
年齢:24歳
職業:柔道整復師


 

 

実習中に急に来た!

 

私が専門学校に通っていた頃、実習中に急にお腹をくだして、立っているのもやっとな時がありました。
何ともなったのにお腹がすごい音でゴロゴロと鳴り出し、びっくりしました。
柔道整復師には男性がほとんどなのでトイレに行きたいと言うのが恥ずかしくて、なかなか言い出せず冷や汗も出て倒れるかと思いました。
ついに唇が真紫になって震えが止まらなくなり、顔も青白くなったのを他の実習生が気付いてくれて先生に体調不良だと伝えてくれました。
一気に誰もいなさそうな遠めのトイレに駆け込んでなんとか危機一髪でした。

 

 

とにかく温める

 

その後、実習には戻りましたがまたゴロゴロ言わないか不安でたまらなかったです。
寒い時期だったのでトイレに行ったあと、手荷物からカイロを取り出してお腹と背中に貼りました。
とにかく温めてなんとか乗り切りました。
あとは喉が乾いても水分を取りすぎないように、こまめに飲むようにしました。
その後も軽く痛むので、本当に辛い時は先生には生理痛だと嘘をついてしまいましたが座りながら誤魔化したりしました。

 

 

怪しい時は早めにトイレに行く

 

私は極限まで我慢をしてしまいましたが、これを機に前もってトイレに行くことにしています。
あとはお腹が痛い時は生理痛だと言う(笑)
これは女性しか使えませんが、下痢でトイレだと思われるのが恥ずかしいので私は腹痛=生理痛で通しています。
生理痛だから冷やしてはいけないので温めてますという状況を作っています。
夏でもインナーは1枚多めに着たりしています。
キャミソールなどだと暑くなりすぎず、お腹も冷えないのでおすすめです。
飲み物も冷えた物が飲みたくはなりますが、冷房で冷えるとお腹をくだしてしまうので常温の飲み物で済ませています。