1人カラオケの魅力と楽しみ方

カラオケ

 

は最悪な気分の時、1人でカラオケに行きます。
1人でカラオケなんてなんだか恥ずかしいと最初は思っていましたが、友人に勧められて試してからというもの、1人カラオケが趣味になってしまいました。
そこで、その魅力と楽しみ方についてまとめてみました。

 

 

広がるヒトカラ

 

1人カラオケは急速に浸透しており、ヒトカラなんて言葉も生まれるほどです。
カラオケ店側も、1人客を歓迎する準備が整っており、1人カラオケ専用のカラオケ店が登場したり、ヒトカラ料金プランが用意されたり、1人でも行きやすい雰囲気が作られています。

 

 

ヒトカラのここが魅力

 

誰かと行くと気を遣いますよね。
皆が知っている曲、雰囲気を壊さない曲、最後まで歌える曲、上手に歌える曲、などなど。
これが一人なら、何も気にしなくていいのです。
誰にも干渉されず、何にも縛られないこの開放感は、想像以上に気持ちが良いです。
同じ曲を納得行くまで何度でも練習できますし、音痴だって気兼ねなく歌えます。
そして、音響を自分の好きなように設定できますし、時間のかかる採点機能だって気にせず使えます。

 

 

知っておくと便利

 

1人カラオケの前に、知っておきたい情報をお伝えします。
お店を選ぶ時は、1人用ルーム料金や小さな部屋があるかを調べます。
狙い目の時間帯は、平日の午前中です。
利用客が少ないので、受付で他の客に会う確立が低いです。
週末や休日は、混んでいて入れなかったり、時間制限があったりするので避けたいです。
週末や休日でないと行けない方は、電話予約必須です。

 

 

気まずい瞬間を回避

 

店員さんがドリンクや料理を運んで来た時、ちょうど歌っていると気まずくなります。
大勢ならまだしも、1人カラオケで店員さんと1対1になると相当恥ずかしいものです。
これを回避するには、ドリンクバーを選びましょう。

 

 

歌い続けるコツ

 

歌いまくれるのが1人カラオケのよい点ですが、素人なので喉に限界が来ます。
喉を潰して声が出なくなっては、せっかくのカラオケタイムが満喫できません。
最初は、キーが低く、スローテンポな曲を選び、声帯の準備運動をします。
徐々にキーの高い曲やアップテンポの曲を歌うようにすることで、声帯へ負担を軽減できます。
飲み物は、喉を冷やさないように温かい飲料にしましょう。

 

勇気を出して1度1人で行ってしまうと、次から意外と平気になります。
1人カラオケにまだ行けていないなら、思い切って足を運んでみてください。