お仕事をする

お仕事をする

 

お仕事をするにも、職員さんが近くにいてリードをしてくださる職場もあります。
また健常者と障害者が共に働く事で、自分自身で責任感を強くもちお仕事をする場合もあります。

 

障害がある人も、テキパキとしての任務は必要です。
一日に働く時間を少なくしてなどの、お仕事に就くパターン等があります。

 

障害者が働く職場に、私達障害者のお給料も、以前は補助金が払われていました。
最近は法律の改正により、国から障害者が働く職場にも、補助金は支払われなくなってきました。

 

 

この様な仕事の形態となる事で、もちろん働く時間帯にはお仕事の量を増やす事が必要となります。
障害者が働く職場は、今までと同じようにしていたのでは経営が困難な状態となるのです。

 

法律改正があるまでは、A型の障害者だけが働く職場でも、障害があるからお仕事もゆっくり目と許される傾向がありました。
でも法律が変わり、国からの補助金がなくなった事で、今までと違い厳しい感じの障害者の職場です。

 

今までの様に障害者の職場を経営するにも、これからは「施設外就労」を増やす事が大切です。

 

 

施設外就労を行う事で、その会社側からの賃金を頂く事ができるからです。
A型の障害者事業所は、会社だけのお仕事では儲けが少ないものです。

 

お仕事をA型の障害者事業所で、仕事を運んでくれる人との形だけでいたのでは賃金は少ないものです。

 

「障害者の会社へと、仕事を運んでくれての待つお仕事」・「施設外就労」の形態とで私達障害者は、お給料が頂ける事となります。

 

その様な今までとは違うスピーディさのお仕事が出来ない人は、B型の障害者事業所へと行く事が必要になってきたのです。

 

また障害者の人が事業所で2年間での移行型にして、気に入ったお仕事先があれば、健常者と共に働く人を増やす事も事業所のお仕事になります。